好きこそ上達の最短距離!南高出身の元プロ選手が教える野球教室
Pocket

情熱を持ち、周囲に影響を与える活動を続ける人を特集する新コーナー「街の情熱家~Eternal flame~」。

前回に引き続き、横浜市立南高校(南高)・野球部出身の元プロ野球選手大石滋昭(おおいししげあき)さんを紹介していきましょう。

第一回 元プロ選手から“教えるプロ”になった南高出身の野球人

今回は、大石さんが10年以上続けてきた活動である、子ども向けの野球教室について掘り下げていきましょう。子どもたちの可能性を伸ばすレッスン内容とは?その秘密に迫ります。子どもに野球を教えたいお父さん、お母さん、必見です。

「好き」を育む楽しい教室

捕る・打つ・投げるの基本を学ぶ

親が子どもに野球を教える時についついやりがちなのが、「巨人の星」の星一徹的なスパルタ式の熱血指導。程度の差はあれども、厳しく接する、いろいろ詰め込むのが当たり前と感じている人は多いと思います。

実は私もそんな親の1人。息子に野球がうまくなってもらいたくて、アドバイスしているつもりが、いつしか口うるさい父親になっていました。

そんな話を大石さんに話すと、

「野球に興味を持ち始めたばかりの子どもに対して親ができることは“ひたすら付き合ってあげる”ことなんですよ。最初はアドバイスをしたり、野球理論をぶつける必要はないんです」

とシンプルな答えをくれました。

何かを極めたいと思う最初の入口は「楽しい」と感じて「好きになること」。 人は誰しも好きなことは続きますし、努力や苦労にだってきちんと向き合えます。それに吸収スピードがまるで違います。そうした本質をしっかり理解し、実践しているのが大石さんの野球教室なのです。

先ほどの“ひたすら付き合ってあげる”という話も、「好き」の種となる“楽しい”を育てるために大事になってくるわけです。

バッティングが好きな子供には、ひたすらトスをあげてあげる。子供は、そこで自分なりのコツをつかみ、自分で工夫をはじめ、上達の階段を1段昇ります。もちろんうまくできたら褒めることは必要ですが、それはアドバイスでなく、一緒にできたことを喜ぶスタンスでいいというのが、大石さんの考え方なのです。

そんな大石さんの下で野球を学ぶ子どもたちは、とにかくフォームが豪快でカッコいい。なんというか、メジャーリーガーのフォームのような伸び伸びと個性が溢れる感じでした。

野球経験者のお父さんだと、子供が野球に興味を持つといろいろ教えたくなりますが、少なくとも興味の入口の段階ではグッと堪えるのが得策。バーベキューで火を起こす時に、最初からうちわであおぎすぎると火が消えちゃうのと一緒なのかもしれません。

遊びの延長で基本を教える

今回の取材では、未就学児クラスと小学生クラスを見学させてもらいましたが、いずれも子供たちの楽しそうな雰囲気が印象的でした。

 

ちなみに取材させて頂いた日が、奇しくも大谷翔平選手がメジャーでサイクル安打を記録した日。レッスンの最初に大石さんがその話題に触れ、大谷選手のバッティングフォームを解説した後にバッティング練習に入る流れには、“教えるプロ”としての真髄を見た気がしました。

 

興味をひき、大切なポイントをさりげなく伝え、いい気分で練習に入る。4-6-3の華麗なダブルプレーのようでもありました。さすがは二塁手。

さらに興味深かったのが、そんな流れでバッティング練習を始めた時の子供たちのフォームが、みな強打者のような雰囲気でカッコ良かったことです。大谷選手の話題をしたことがいい影響を与えているのかもしれません。

練習内容は、捕る、打つ、投げるに特化したメニューで、最後は試合形式のフリーバッティングをして終了という流れ(参加人数によりメニューの変更もあり)。

練習中に罵声や怒声が飛ぶことはなく、子供たちの笑顔が終始溢れていました。

ただ、まるで注意しないのかと言ったらそうではありません。野球はケガもしうるスポーツ。安全面の観点から危ないことをしたことには厳しく注意もします。自分のみならず、他人をケガさせてしまうこともあるからです。

今回見学させてもらった、小学生クラスでは、少年野球チームに入っている子よりも、入っていない子の方が多いそうです。とはいえ、随所で鋭い打球を飛ばしたり、華麗なフィールディングを見せたり、強肩の片鱗を感じさせる送球があったり、いろいろな可能性を感じさせる子供たちでした。

甲子園やプロを目指すような子も出てくるかもしれませんし、高いレベルでなくても生涯スポーツとして野球と向き合っていく子も出てくるでしょう。そのファーストステップとして、野球の楽しさと基本を教えてくれる大石さんの野球教室はとても貴重な場所だなと思いました。

上手、下手で優劣をつける価値観とはまた違う、より楽しくするために技術を学ぶという価値観は、これからの時代を生きる考え方にも共通するなぁと思います。

毎週水曜日開催の日野中央公園の子ども野球スクール

そんな大石さんの指導を港南区で受けたいと思ったら、日野中央公園で毎週水曜日に幼稚園児クラスと小学生クラスが開講されています。


幼稚園児クラスのテーマは、“ボールに慣れること”。ボール遊びを通して、捕る、打つ、投げるを経験しながら、野球の楽しさを知ってもらう内容となっています。

そして小学生クラスのテーマは“野球に親しむこと”。捕る、打つ、投げるの基本に加えて、ノックやフリーバッティング、ミニゲームなどを通して野球への興味を高めることに主眼をおいた内容とのこと。

トスバッティング用のボールは穴が空いた飛び過ぎないものを使用
練習用のボールは、当たっても痛くないものを使用

ちなみに肝心のお値段ですが、月会費は幼稚園児クラスが5,000円、小学生クラスが6,000円。その他に入会時に入会金5,000円、年会費1,000円がかかるという料金体系となります。体験入会も受け付けているので、詳しくはNPO法人デポルターレクラブまで。

●野球教室詳細
日野中央公園子ども野球スクール
・幼稚園児クラス/15:15~
・小学生クラス/16:00~
月謝(月4回):幼稚園児クラス/5,000円、小学生クラス/6,000円
入会金:5,000円、年会費:1,000円
主催:NPO法人デポルターレクラブ
共催:日野中央スマイリングパートナー
担当コーチ:大石滋昭(日本プロ野球OBクラブ会員)
お問い合わせ:045-801-4189
Webサイト:http://npodeportareclub.web.fc2.com/

また、不定期での開催となりますが、子どもに初めての野球体験をさせたいときには「親子野球教室」(1組2,000円)がオススメです。親子ペアで練習するスタイルなのでいきなり野球教室に飛び込むのはハードルが高いなぁという人に最適です。親は練習のやり方を学びつつ、子どもには野球の楽しさを知ってもらう体験会的なレッスンとなります。

親子野球教室の開催予定

日野中央公園

9月16日(祝・月)
10月12日(土)
11月9日(土)
12月15日(日)
※いずれも11時〜13時となります。
岡村公園(磯子区)
6月30日(日)
9月1日(日)
9月29日(日)
※いずれも11時〜13時となります。

●人物詳細
大石滋昭(おおいししげあき)さん

NPO法人デポルターレクラブ代表/日本プロ野球OBクラブ会員。 元東京読売巨人軍・近鉄バファローズ 内野手(右投・右打)。横浜市立南高校からドラフト外で巨人に入団(1982年)。翌年、近鉄に移籍。3年間在籍するも一軍の経験なし。退団後は会社員を経て、1990年よりゴルフ指導員としてレッスン活動を開始。並行して2007年から3年間、ジャイアンツアカデミーのコーチを務め、野球の指導方法を学ぶ。その後、デポルターレクラブを設立し、幼児・小学生・中学生及び成人の野球スクールを主催している。スクール運営の他に、映画「アゲイン 28年目の甲子園」で、野球技術の指導及び野球シーンの監修を担当した。

著書
『読めばメキメキうまくなる 野球入門』
『野球の教え方、教えます!』

http://npodeportareclub.web.fc2.com/top.html

【お知らせ】
ながやナビでは、「街の情熱家~Eternal flame~」に登場頂ける方を募集しています。
横浜市内で情熱をもって地域に貢献する何らかの活動している方、自薦、他薦は問いません。
スポーツでも、文化活動でも、ビジネスでも、ボランティア活動でも何でもOK!
お名前、活動内容、活動が分かるwebサイトのURL、オススメポイントを明記の上、ながやナビ宛にご連絡ください。
掲載料、広告料は頂いておりませんが、謝礼のお支払いもしていませんので、あらかじめご了承ください。
また、採用の可否、掲載時期は、ながやナビ編集部で検討の上、お返事させていただきます。
その他、詳細に関してはメールにてご連絡ください。

 

街の情熱家~Eternal flame~カテゴリの最新記事