ガチの怖いヤツ!?舞岡公園で肝だめしが開催【7月13日(土)】

ガチの怖いヤツ!?舞岡公園で肝だめしが開催【7月13日(土)】
Pocket

約70年前(昭和前期)の日本の風景をイメージした整備がされている舞岡公園で、7月13日(土)に小学生、中学生にオススメのイイ意味でやばいイベント(人数限定・有料)が開催されます。

ズバリ!「肝だめし」です。

日常から隔絶された闇夜の自然公園

〝貞子〟が出そうなナチュラルに怖い「肝だめし」

舞岡公園といえば、少し前にホタル観察ができると紹介しましたが、あのときに実際に夜の舞岡公園に行き、感じていたのが、肝だめしスポットとしてのポテンシャルです(笑)。

街灯がなく、月と星の光だけの暗闇の中、古びた木製の電柱、茅葺き屋根の家や長屋風の建物、夏草が生い茂った林がある空間は、日常から隔絶されていて、よくいえば、ノスタルジックでエモいのですが、一旦、恐怖心に支配されると、異世界に迷いこんだような怖さがあります。

アラフォー的には、20年以上前に一世を風靡した「リング」「らせん」の〝貞子〟に出くわしそうな雰囲気を感じました。また「八つ墓村」や「犬神家の一族」などの横溝正史のミステリー作品的なそこはかとなく漂う不気味さもあり、肝だめしにはぴったり。

下手なお化け屋敷よりも確実に怖そうな気がします。

とはいえ、普段、夜間は舞岡公園に入れませんし、自然保護や近隣住民の人たちへの配慮、安全面の観点から、勝手に肝だめしに行くことはご法度です。

なので、今回のような公園側が主催する肝だめしは滅多にできない経験ができる貴重なタイミングだといえます。

また、ある程度人数がいる中でなら、怖さもエンタメとして楽しめると思います。

ちなみに人気のイベントのようで、8組限定で応募者多数の場合は抽選となります。

地元で夏らしい思い出を作りたいご家庭にオススメです!

また、もう少し先になりますが、7月21日には「夏休み竹細工~水鉄砲と竹のけん玉」、27日には、「里山のくらし体験」という子供向けの体験イベントも開催されます。

夜の舞岡公園は、レベルが高いなぁというご家庭は、こちらがオススメです。

ちなみに「里山のくらし体験」も人気イベントで、応募者多数の場合は抽選となります。

●イベント詳細
「谷戸肝だめし」
場所:舞岡公園・小谷戸の里
開催日:7月13日(土)
時間:19時20分~20時30分
定員:8組(1組5人まで)/応募者多数の場合は抽選
※中学生以下は保護者同伴
参加料:中学生以上 500円、小学生300円
申込:6月20日までにハガキにて、行事名、郵便番号、住所、電話番号、参加者全員の氏名&年齢を書いて申込
送付先:〒244-0813 戸塚区舞岡町1764 舞岡公園 小谷戸の里
問い合わせ:045-824-0107
※休館日は第1・3月曜日(祝休日の場合は翌日)

「夏休み竹細工~水鉄砲と竹のけん玉」
場所:舞岡公園・小谷戸の里
開催日:7月21日(日)
時間:9時30分~12時
定員:20人/先着順
※小学生以下は保護者同伴
参加料:500円
申込:6月22日9時から電話または直接施設で受付
送付先:〒244-0813 戸塚区舞岡町1764 舞岡公園 小谷戸の里
問い合わせ:045-824-0107
※休館日は第1・3月曜日(祝休日の場合は翌日)

「里山のくらし体験」
場所:舞岡公園・小谷戸の里
開催日:7月27日(土)
時間:9時15分~15時30分
定員:小学4年~6年生20人/抽選
参加料:1,000円
申込:7月1日までに往復ハガキに行事名、郵便番号、住所、電話番号、学年、保護者氏名を書いて申込
問い合わせ:045-824-0107
※休館日は第1・3月曜日(祝休日の場合は翌日)

イベントカテゴリの最新記事