競馬場跡地で“馬”とふれあう1日♪「馬とあそぼうこどもの日 in 根岸森林公園」
Pocket

『未来のミライ』のロケ地としても使われた根岸森林公園を先日、ご紹介しましたが、直近でオススメのイベントが開催されるので、今回はそちらについて詳しく見ていきましょう。

基本的には、いつ行ってもそれなりに楽しめるのが根岸森林公園の魅力なんですが、直近だと、5月5日(日)に行くのが圧倒的におすすめです。

ふれあい&体験を楽しむアクティビティ型イベント

馬の博物館と根岸森林公園が共同開催!

なぜなら「馬とあそぼうこどもの日」と「馬とあそぼうこどもの日 in 根岸森林公園」というイベントが馬の博物館と根岸森林公園で同時開催されるからです。

「なぜそんなに馬押しなの?」といえば、この根岸森林公園のルーツが日本初の洋式競馬場の跡地だからとなるわけですが、現在、この公園の敷地内には「馬の博物館」「根岸競馬記念公苑」があり、今も“馬”とゆかりが深い公園だといえます。

イベントのメイン会場は、「馬の博物館」「根岸競馬記念公苑」となり、馬にまつわるイベントが盛りだくさん。

同博物館のWebサイトには、

本年も、馬車や馬の試乗会、馬事伝統芸能「流鏑馬・笠懸」の披露をはじめ、モンゴルの弦楽器「馬頭琴」の演奏会、マジックショー、お子様向け遊具、各種出店など、ご家族でお楽しみいただけるさまざまなイベントを予定しております。
当日は、博物館も入館無料となりますので、ぜひご来苑ください!

と書かれており、当日は文字通り、馬一色のイベントになりそうです。
小学校時代に『スーホの白い馬』を教科書で学んだくちとしては、馬頭琴の演奏は気になります
また、馬だけでなく、マジックショーがあったり、市電保存館から運転シミュレーターが来たり、子供向けのブースも複数出展する模様。丸1日楽しめそうなプログラムです。

※クリックすると拡大します
※クリックすると拡大します

そして根岸森林公園でもまた「馬とあそぼうこどもの日 in 根岸森林公園」として、子供が喜びそうな体験型のイベントを企画しています。

※クリックすると拡大します

第一駐車場付近のエリアを中心に、「ツリークライミング」や「フラワーアレンジメント」「紙しばい」、丸太を使った「工作教室」、さらには「鷹匠体験&フライトショー」、「在来馬とのふれあい」「スタンプラリー」などなど。

『未来のミライ』でもくんちゃんが馬とふれ合うシーンもあったので、お子さんたちにくんちゃん的な体験をさせるいい機会かもしれません。

●イベント詳細
「馬とあそぼうこどもの日」
日時:2019年5月5日(日)9時~16時
場所:根岸競馬記念公苑 馬の博物館、根岸森林公園
参加費:無料
主催:公益財団法人 馬事文化財団共催横浜植木株式会社(根岸森林公園指定管理者)
協力:東日本旅客鉄道株式会社 横浜支社、横浜市電保存館、横浜F・マリノス 、愛媛県東京事務所、木曽町開田高原地域協議会後援横浜市、日本中央競馬会
http://www.bajibunka.jrao.ne.jp/uma/event/event_20190405.html

★公園詳細
根岸森林公園
所在地:横浜市中区根岸台
電話:
Flower Garden Cafe 045-663-0065
公園事務所 045-641-9185
面積:184,059㎡
公開年月日:昭和52年(1977年)9月24日
施設内容:散策路、草地広場、桜山、梅林、自由広場、遊具広場、駐車場、旧一等馬見所、Flower Garden Cafe(インフォメーション)、便所、等有料駐車場
●第一駐車場:100台 ●第二駐車場:100台  計200台

=====駐車料金=====
土・日・祝:2時間まで400円 以降100円/30分
平日:2時間まで300円 以降50円/20分

http://negishi-shinrin.jp

イベントカテゴリの最新記事